ジョークンの日記
ジョージ君とは私の飼っているビーグル犬です。今年で16歳、かなりのお年寄り、そんなジョージを中心に日記を書いていこうと思います(*^_^*)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院いってきました
診てもらった結果、四肢の麻痺だといわれました 前にレントゲンで見た背骨の変形からくるもので 可能性のある病気はいくつかあるのですが薬で治療できるもののひとつに変形した背骨によって神経や周辺に炎症が起きてしまうものがあるらしく 即効性は無いのですが今はとりあえずレーザーと抗生剤で治療することになりました。
これでよくならない場合はジョージの年だと治療や検査(全身麻酔など)が負担になりそうなので考えてしまいす。

出血や髄液などが漏れてるのはCTしないと見れないので そうじゃないことをいのるしかないですよね
 
今は麻痺+痛みがひどくてご飯を食べたら横になってる状態です。
 
薬の治療がうまくいくと2ヶ月くらいで歩けるようになる可能性もあると言われました。

歩けなくてもいいから 痛みと麻痺だけでもよくなってくれればな~と今は思ってしまいます


ジョージまた明日も病院だよ がんばろーね


 

スポンサーサイト


昨日から足の具合が悪くなりました。
リハビリも散歩ももうできないくらい、立ってるのがやっとです。


今朝になると 4本足で立つことができなくなってしまいました・・・
こんなに早く進んでしまうなんて 思わなかったし お座りしてるのもとても辛そうでなんとか治してあげられないのものかと考えています。 
とりあえず 今日の夕方から病院へ連れて行くのですが、以前聞いたとき担当の先生は老化現象なので良い治療法はないとのことでした。痛みが出た場合はそれを抑える薬を出すくらいしかないと それも強いのでなるべく飲ませたくないと言われてるので 今はサプリメントを与えたり リハビリくらいしかないみたいで そのリハビリもいまはできる状況ではないし・・・

ジョージはどう思ってるのかな?って考えてばかりです。

でも食欲はすごくあるので 私に抱っこされながら食べてます  

ただこうなって思ったのですが トイレがとても大変なんです。
ジョージは家の中のトイレシートでするのですが そこまで歩いていけないので 出るかな~?とおもったときに抱っこして連れて行くのですが このタイミングがわかりづらい!! こまめに連れて行ってさっきは5回目くらいでやっとしてくれました

ウンチのほうがもっと大変で お尻をベターっとつけて腰が抜けたような状態です うまくりきめないようで さっきとっさにベターっとなってるお尻の下に手を入れて浮かしてみたら いきなりポロっと出ました。やったーって感じです

時期に前足も立てなくなると このやりかたもできなくなってしまうので、介護する側もいろいろ考えさせられますね。
ジョージが苦にならないようになんとかしてあげたいです。 

昨日 ギリギリ立てた時の姿 おじいちゃんだな~
11290011.jpg


こっちは数年前の あらためて色の違いにびっくり!!
09040013.jpg



寝てる間に
室内犬ってフローリングや廊下ですべっちゃいますよね~

ジョージは足の裏の毛がすぐのびちゃうんです 散歩しないせいかな?
Nov27$39.jpg

お昼寝中にそ~~っと切ってしまおう


Nov27$41.jpg

こんなにすっきり切れました
血気盛んな若い頃は はさみ見ただけでウゥゥーだったけど 今では起きても見えないからアレ?って感じでまた寝ちゃうね。


話は変わりますが、ジョージは生後1ヶ月で我が家に来たせいかワンちゃんとの遊び方を知りません。 私の友達=ボクの友達 友達の家族=ボクの友達でジョージの大好きな猫さんをご紹介します!
13.jpgチュウちゃん18歳♀ジョージの先輩です心の広いボス猫? 

12.jpgパタくん10歳♂ミカン食べてる

他にも4匹の猫様がいるのですが、今回はこのお二方に出ていただきました。ジョージは一時期ストーカーなみに家に通ってたよね。コタツにフガフガいいながら入りそうになったり 下品な姿丸出しで、猫様たちはあきれ顔だったよ


散歩
天気もいいし 散歩にでも 少し歩かないとね
Nov25$31.jpg

家の前でジョージは考え中らしく しばらくこのまま。
Nov25$30.jpg3分くらいこのまま・・・ 


Nov25$33.jpg

とぼとぼやっと歩き出しました。
100メートルも歩かないでご帰宅

もともと少しでも楽しようとする犬なんです 自転車 車大好き!
歩くのより 景色見るのが大好きだったね

冬になるとコタツに入りっきりだし ますます足腰弱くなるんじゃないかと すごく心配。ジョージはそんなの関係ないって顔してるね
歩きたくないんだからイイジャンみたいな・・・
 
あったまきたから 今からリハビリやるぞーー






検査結果
今日 ジョージの病院へ行ってきました。
足のほうは背骨からくるもののようで 背骨の何箇所かが加齢により変形してしまうというものらしく
レントゲンを見せてもらったのですが 素人目から見ても変な形にとがっているのがわかるほどでした とがった部分が神経にあたり痛みや麻痺がでるらしいので ではでは 私のリハビリさぼりも関係なかたのですか?と聞こうとした矢先、「散歩もリハビリもどんどんやってくださいね」といわれてしまいました・・・ヘルニアで歩けなくなるわんちゃんは運動はよくないらしいのですが 加齢からくるこの病気はとにかく動かして筋肉をつけるのが一番らしいのです。

今日からがんばるぞ!!っと病院から出て歩かせてみましたが ジョージは棒立ち 結局20メートルくらいしか歩かないし
まあ じょじょにやっていくしかないかな~

病院で毎回ドッグフードを買うんですが 今回 ジョージの大嫌いな缶詰のドライフードがあると知り サンプルをいただきました。

ジョージにお土産もらったよと言うと 大興奮!!
車の中でいい子だったから1粒だけ食べてみる?なんて感じで袋を開けたとたん パニック状態!! なにこれ うまいうまいうまいうますぎる~~ くれくれワンワンが始まってしまいました・・・

ジョージ缶詰とおなじ成分だよ? あれだけいやがってたのだよ?
さっきまで待合室でブルブル震えてハァハァしてたのに・・・
さすがビーグルだね ほんとに食いしん坊

!cid_A01.jpg

帰ってきてからも サンプルの袋と格闘中 もうあげないよ


昨日から急に後ろ足の動きがおかしくなった。
前足に比べてかなり細くはなってきていたので病院で教えてもらったリハビリもしていたけれど  やっぱり犬です とても嫌がりますでも、もっと私がちゃんとやってればよかった・・・嫌がっても毎日やってたらずっと歩くのに苦労しないですんだのに・・・後悔しても 確実にジョージの老化は進んでしまったんだね、ごめんね

またひとつ家族で乗り越えないといけない課題が増えてしまったけど、みんなジョージが可愛くて 大好きで 少しでも負担のかからないようにそばにいるからジョージは安心してね。

!cid_A0008.jpg

マイテーブルでご飯待ち状態 食欲はまだまだあります


ビーグルですが
先日、ジョージの病院へ行ったときにとてもかわいいビーグル犬の女の子がいました向こうの飼い主さんもこちらに気づいていたようなのでちょと触らせてもらおうかとご挨拶したところ「えっ!?それビーグル犬なの?ゴールデンレトリバーの雑種の子犬かと思った」といわれてしまいました・・・でも見比べると確かに違いすぎ「年取るとこうなるんですよ~」と答えたらすごく驚いてたな~

たしか7歳くらいで白髪が出てきて 10歳超えたら顔が白くなったような

ビーグルは一番化けると昔聞いたことがあったけど子犬のときより今のほうがジョージは優しい顔になったね~
20061116002552.jpg

ちょっと今より若い頃 開脚しすぎ!!あたまでっかちは相変わらず



得意技
!cid_A0004.jpg 冷蔵庫チェック
開けるとくるよね~。見えてないとは思えない動き


遠吠え
最近になって私が外出するとジョージは遠吠えをするらしいのです。
16年間で私は一度も聞いたことがない・・・どこか具合が悪いのかと最初は心配したり、でも私がいないときだけなのでやっぱり寂しいのかな~と病院の先生に聞いてみることにしました。その結果、年を取ると今まで我慢できたことができなくなるらしいのです。痴呆まではいかなくても多少そうゆう症状はでてくるらしく人間で言うと頑固なおじいちゃんのような感じでしょうか、その頃から今まで食べていた病院で出されている缶詰を食べなくなったり、それもそうだったのかな?まずいの我慢してたんだね(>_<) ジョージは持病で6歳から膵炎の治療をしているので市販のドッグフードは食べられないため 以前症状が軽いときに病院で買っていたドライフードを食べさせていいか聞いたところ血液検査の結果次第と言われました。結果は「この数値なら食べても大丈夫、両方混ぜてあげてください。」といわれ大喜び(私が)今では食欲も戻ってほっとしてます。でもジョージの遠吠え聞いてみたいな・・・どんな声よ(?_?)


スヤスヤ
!cid_A000111.jpg目を開けて寝るんです♪


初プログ
はじめまして。まず、ジョージ君についての紹介からさせていただきます。ジョージ君は16歳のビーグルの老犬です、元気?とはいえないのかな~(-_-;)持病はいろいろありますが、でも食欲旺盛のおじいちゃんです!!ジョージは13歳のときに緑内障にかかって右目を失明してしまいました、翌年には左目にも緑内障が出てしまい14歳で全盲になってしまったのです(:_;)目が見えなくなる可能性は担当の先生から聞かされていたのですが目が見えなくなった日ジョージは歩くことも怖がり私を確認すると抱っこをせがみました、見えなくなる前は失明のことを考えただけで涙が出てきたのにその姿を見て私は泣くよりどうにかしなければ!!と怖がるジョージに声をかけて少しずつ歩かせてみました、手を添えていてもゴツンゴツン壁やら家具に突進していく姿は痛々しくこちらもはがゆくなってしまいます。リードをつけても見えない不安からか言うことを聞きません・・・いろいろ考えてツバ付きの帽子(犬用)をかぶらせてみることに、すると頭よりさきにツバがあたるので障害物がわかり突進することはなくなりました(^^)v あれから2年たち今では帽子すら必要ないくらいスイスイ歩いています。家の中の角や家具などは保護シートを張ってぶつかっても痛くないようにしてあります。ジョージは目が見えなくなって不安だったよね、でも人間と違って愚痴も泣き言もいえません、これからも一緒にがんばって行くぞー!!
ジョークン





Copyright © ジョークンの日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。